Live

ライヴの記録です。私が観たものを中心にしているため、矢野さんの全ライヴの記録という訳ではありません。
また、button がついている公演は、私は行っておらず、皆さんからセットリストなどを送っていただいた物です。


button1996年以前(当サイト開設前

buttonまた会おねツアー

1981年4月21日~7月1日 29回

私の観た最初のライブです(@大阪厚生年金会館大ホール)
湯村輝彦氏デザインの書き割りが並ぶ舞台、『ただいま』の頃のコンサートだけにステージも音もそういう感じでした。確か、オフコースの『YES NO』を歌われたという記憶があります。すごくいい演奏だった。

ページ先頭へ ページ最後へ

button渋谷ジァンジァン

1981年11月~

大体、年に一回のペースで、渋谷のジァンジァンという小劇場で公演をされていました。私が最初に行ったのは1985年の9月17日です。小さなスペースだけに、矢野さんがすごく近く、親密な雰囲気の中での演奏でした。

前半はソロのピアノ弾き語り。後半にシークレットゲスト登場というのがパターン。私が観たゲストは、山下達郎&坂本龍一、サエキけんぞう、大村憲司、渡辺香津美、大貫妙子、佐野元春。小劇場とは思えない豪華ラインナップ! 是非復活してもらいたい。

ページ先頭へ ページ最後へ

button出前コンサート

1982年~1987年

日本中、依頼とピアノがあればどこにでもコンサートを「出前」するという画期的な企画でした。残念ながら私は行った事がありません。

ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

buttonオーエス オーエス

1984年

このコンサートから舞台美術の立花ハジメ氏とのコンビが始まりました。立花氏にとっても初めての舞台芸術ということで、ダンサーのシルエットが影絵のように写される場面や、ラストの映画のクレジットのような終わりかた等、凝った演出がされていたと記憶しています。どうしても彼らの音が欲しかったからと、ベースとコーラスをテープで参加させるというのも凄いですね。

ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

buttonブロウチ

1985年

1月に有楽町朝日ホールで公演。その後、12月11日に日本青年館で再演。私が観たのは12月の方。『BROOCH』からの曲ばかりかと思いきや、ポップなオリジナル曲も演って、お特な公演でした。通信販売されたシングルセットのパッケージからくりぬかれた黒い厚紙(分かってもらえるかな)が、装飾に再利用されてましたね。

ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

buttonグラノーラ・ツアー

1987年

この時期の矢野さんの活動を締めくくるにふさわしい豪華ツアーでした。超強力バックバンドと息もぴったりの演奏に加え、ギターを弾き、タンバリンを叩き、踊る、矢野さんの大活躍。コンサートパンフレットの充実も凄い。

ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

buttonTokyo Music Joy

1991年2月5日

昭和女子大学人見記念講堂で「第7回東京ミュージックジョイ」の一公演として、ギターとパーカッションとのトリオ演奏を聴かせてくれました。Nana氏との「いもむしごろごろ」が、特に印象に残っています。

旭さん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonLOVE LIFEツアー

1991年

いきなり、「これでいいのだー」と歌いはじめるオープニング。ドラムのタイトな音がかっこよかった。特に『ちいさい秋みつけた』の演奏がめちゃくちゃ良かった印象があります。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonSuper Folk Song

1992年

やっぱり、矢野さんの弾き語りは凄いと実感させられました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonLOVE IS HERE

1993年10月~11月 11回

メンバー各自のテクニックの確かさと見事なコンビネーションに裏打ちされた、静かな中に緊張感溢れる演奏。木を多用した立花ハジメ氏の舞台美術。どれをとっても、驚異的な完成度です。『すばらしい日々』は涙なくしては聴けない名演でした。

ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

buttonELEPHANT HOTEL

1994年10月~11月 14回

前年とはうって変わって、ロック寄りの演奏。立花ハジメ氏のスクリーン上映が効果的でした。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonPiano Nightly

1995年, 96年(追加公演

宮沢氏がゲストで来たときも良かったけど、やはり、NHKホールでのアンコール公演が良かったですね。靴を脱いでのリラックスした演奏はかつてのジャンジャンを思い出させました。土日の早い時間で託児サービス付きというのもグッド

ページ先頭へ ページ最後へ


buttonさとがえるコンサート

buttonさとがえるコンサート'96

1996年11月~12月 14回

96年から毎年恒例になったさとがえるコンサートの第一回。今年はベースとドラムスと一緒のいわゆるトリオ編成でした。が、音の方は、ステージ上に5、6人はいるのではと思わせる凄い演奏でした(矢野さん曰く、150人編成のオーケストラ)。矢野さんはピアノの他にハモンドオルガン(with レズリースピーカー2台)も演奏され、頭にはヘッドセット型マイク。これで、ピアノとハモンドの中間に仁王立ちになって歌う姿は、カッコ良かったですね。

詳細データ ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート1997

1997年12月 14回

1996年に引き続き、同じメンバーでのさとがえる。ステージも、シンセが一台増えた以外は去年と全く同じ。しかし、メンバー個々のテクニックも、三人のまとまりも、昨年をはるかに上回るものになっていました。特に、クアトロでのギグは、歴史に残るものでしょう。

詳細データ ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート1998

1998年11月~12月 14回

三年目のさとがえるには、パーカッションのCarolさんが新参加。ハモンド・オルガンがローズ・エレクトリックピアノに代わり、同期ものを使うなど、昨年までとはやや違いを出しています。結果として、昨年までの「怒濤のノリの良さ」から「まとまりのある引き締まった演奏」という感じに変わったように思います。

詳細データ ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート1999

1999年11月~12月 12回

四年目の今回は、昨年のCarolさんに代わり、Wayneさんが新参加。ギターが加わったことで、演奏曲のバラエティがぐっと広がり、楽しいステージになりました。

詳細データ ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート2000

2000年11月~12月 11回

五年目の今回は、弾き語りパートとトリオ演奏パートの二部構成を採用。構成だけでなく、演奏される曲のアレンジなどにも新しい挑戦が数多く見られた、意欲的な公演になったと感じました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート2001

2001年11月~12月 12回

矢野さんのヴィブラフォン演奏や、「SUPER FOLK SONG」のバンド・アレンジなど、6年目になっても、まだまだ新しい事にチャレンジするさとがえるトリオ。来年発売のアルバムからの新曲演奏も多く、矢野さんの前向きな姿勢が強く印象に残る公演でした。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート2002

2002年11月~12月 11回

ギタリスト佐橋佳幸氏の参加により、過去のさとがえるサウンドとは一線を画す、力強く、かつ楽しい演奏になりました。昔懐かしの曲の演奏もあり、NHKホールではゲストも登場し、幅広い層にアピールする公演だったと思います。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート2003

2003年11月~12月 17回

2003年は、弾き語りのツアーになりました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート2004

2004年12月 7回

2004年は、「さとがえる2004 ピアノ・ソロ ヴァージョン」 4公演 & くるりが参加する「さとがえる2004 スペシャル <withくるり> 」 3公演のツアーになりました。<withくるり> には、レイ・ハラカミさんも登場。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート2005

2005年11月~12月 10回

2005年は、ピアノソロ。衣装に宇津木えり氏。ステージデザインには、久しぶりに立花ハジメ氏を迎えました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート2006

2006年11月~12月 8回

さとがえる十周年の記念の年。さとがえるトリオによる公演が、Blue Note Tokyoも含めて行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート2007

2007年12月 4回

ピアノ弾き語りで二公演、ソロ+yanokamiのジョイント形式で二公演が行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート2008『akiko』

2008年12月 3回

10月に発売された新アルバム「akiko」のレコーディング・メンバーとの公演が行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート2009

2009年12月 3回

昨年と同じメンバーでしたが、内容はさらにパワーアップ。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonさとがえるコンサート2010

2010年12月 4回

三年連続の「akiko」メンバーでの公演。進化は続いていました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子×上原ひろみ 今年は2人でさとがえるツアー ~Get Together~

2011年12月 5回

2011年は、11月に発売されたアルバム「Get Together -LIVE IN TOKYO-」を携えた、上原ひろみさんとのツアーになりました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子さとがえるコンサート2012 -清水ミチコとともに-

2012年12月 5回

2012年は、清水ミチコさんをゲストに招くという、意表を突いた企画になりました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子さとがえるコンサート2013 -with MATOKKU-

2013年12月 3回

2013年は、MATOKKUをバックに、アルバム「エレファント・ホテル」を全曲演奏という試みになりました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子さとがえるコンサート2014 矢野顕子+TIN PAN(細野晴臣/林立夫/鈴木茂)

2014年12月 4回

2014年は、旧友、TIN PANとの共演になりました。翌年には、ライヴ全編を収録したCDも発売されました。

詳細データ ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子さとがえるコンサート2015 矢野顕子+TIN PAN PART II

2015年12月 4回

昨年に引き続き、TIN PANとの共演。昨年よりも、さらに息の合った演奏を聴かせてくれました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子さとがえるコンサート2016 矢野顕子+TIN PAN

2016年12月 5回

デビュー40周年記念のさとがえるは、三年連続となるTIN PANとの共演。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ


button出前コンサート(再開後

button出前コンサート 1998

ページ先頭へ ページ最後へ

button出前コンサート 1999


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button出前コンサート 2000


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button出前コンサート 2001


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button出前コンサート 2002


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button出前コンサート 2003


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button出前コンサート 2005


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button出前コンサート 2007


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button出前コンサート 2009


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button出前コンサート 2010

静岡での演奏曲は、
CHILDREN IN THE SUMMER、夏が終わる、夏なんです、My Love、いい子だね、雷が鳴る前に、ME AND MY SEA OTTER、へびの泣く夜、さあ冒険だ、釣りに行こう、(インストゥルメンタル)、ラーメンたべたい、Green Tea Farm、ROSE GARDEN、ごはんができたよ、SUPER FOLK SONG、ひとつだけ
だったそうです。

Andrewさん、ありがとうございました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button第5回いづみまつり 矢野顕子 出前コンサート2014


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ


button矢野顕子リサイタル (同形式のソロ公演含む

button矢野顕子リサイタル 2000

出前コンサートとは別タイトルで、小ホールでの弾き語りコンサートを開催されました。内容・雰囲気自体は、出前と同様のものだったようです。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2001


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2002


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2003


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonサウンド・ルネッサンス 2004 & 矢野顕子リサイタル

2004年は、rei harakami氏をゲストに招いての弾き語り公演が開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2005


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2006


詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2006 夏

第一生命ホールでの公演には、井上陽水氏、細野晴臣氏がゲスト出演されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2007

2007年夏は、さとがえるトリオでの公演と、yanokamiとしての公演もあるという忙しさの中、ソロ・リサイタルも二公演。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2007 12月

2007年12月には、やまなしワインコンサートと、Hitachi Starlight Illuminationということで、リサイタル二公演を実施。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonan evening with 矢野顕子 ~春をめでる~

2008年3月19日

フォーシーズンズホテル椿山荘東京 Ball Roomにて、ディナーショーを開催されました。

演奏曲は、
星の王子さま、突然の贈りもの、丘を越えて、春風(くるり)、GIRLFRIENDS FOREVER、SHENANDOAH、しまった(新曲)、DAVID、ニットキャップマン、朧月夜~花、OVER(O.P.King)、Home Sweet Home、GREENFIELDS
アンコール:春咲小紅~ひとつだけ

うえのさん、おむらさん、ありがとうございます。

ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2008

公演前に、デビューアルバム「JAPANESE GIRL」の全曲弾き語りが予告されるという、初の展開がありました。
この日の録音は、吉野金次氏のミックスにより、iTunesで配信され、さらに、2014年にはCD化されました。

詳細データ ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2008夏

2008年の夏は、このほかにブルーノート東京、RISING SUN ROCK FESTIVAL、yanokamiでのライヴ、さらに森山良子さんのライブへのゲスト出演と盛りだくさんでした。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2008 12月

12月、バンド形式のさとがえるとは別に、ソロ公演も行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル BREEZE 3Days with GUEST

大阪、西梅田に新たに開場したサンケイホールブリーゼで、日替わりゲストを招いた公演を三日間行いました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2009 夏

2009年夏は、ブルーノートや東京Jazzへの出演の他に、ソロ公演も精力的に行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2009 冬

新弾き語りアルバム「音楽堂」の録音を終えられ、さとがえる、リサイタル、出前と、精力的な2009年冬の公演になりました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2010

「ここが音楽堂!」ツアーの前後に、リサイタルも行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2010 冬

2010年冬は、さとがえる、リサイタル、yanokamiの三パターンの来日公演でした。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子 -ソロ- @ COTTON CLUB

2011年4月27日

東日本大震災の影響で、多くのイベントがキャンセルされる中、東京丸の内のライヴ・レストラン「COTTON CLUB」で、急遽、ソロ公演が開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子 LIVE@狛江エコルマホール

2011年8月7日

yanokamiでの夏フェスと、トリオでのブルーノート東京の合間、「リサイタル」とは題されないソロ公演が1本、開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2011

2011年冬は、上原ひろみさんとのさとがえるを挟んで三公演でした。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2012

2012年は、5月に単発で。夏にはトリオ公演などを挟んで二回。そして、冬のさとがえる後に一回、開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2013

2013年は、夏にはトリオ公演などを挟んで四回。冬に、恒例、鎌倉で一回、開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子 アンコール LIVE

2014年8月30日

2014年は、トリオでのブルーノート公演と夏フェスに加え、狛江で「リサイタル」とは題されないソロ公演が1本。2011年と似たパターンの夏になりました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2014

2014年は、「リサイタル」と銘打たれた公演は、冬の恒例、鎌倉の一回だけでした。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子 ピアノ弾き語り LIVE 2015

2015年夏、弾き語り公演も二箇所で行われました。当初、三条の方は「リサイタル」と冠されていたはずでしたが、後のオフィシャルサイトの表記は「ピアノ弾き語りLIVE」になっていました。「リサイタル」という用語の使用基準が、いよいよ曖昧になってきたような気がします…

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2015 ~ピアノ弾き語り~

2015年冬、弾き語り公演は三箇所で行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2016 ~ピアノ弾き語り~

2016年春、愛知県で弾き語り公演が行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子リサイタル 2016 冬

2016年冬の弾き語り公演は二箇所で開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ


buttonジァンジァン公演(再開後

buttonジァンジァン公演 1998

1998年6月

待望のジァンジァン公演復活。ゲストは宮沢和史氏。見に行けなくて、残念至極。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonジァンジァン公演 1999

1999年5、6月

4回公演。ゲストは、ムーンライダーズのお二人と、大貫妙子氏の二パターン。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonジァンジァン公演 2000

2000年3月

この年の4月で閉店が決定した渋谷ジァンジァンでの最終公演 4days。前半二日間は槇原敬之氏、最終日は奥田民生氏がゲスト。最終日にだけ行くことができましたが、感慨深いものがありました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ


buttonヤノ・ラボ

buttonヤノ・ラボ 2001

2001年6月

SHIBUYA-AXを舞台に、無くなってしまったジァンジァンでの公演を彷彿させる、シークレット・ゲストを招いての弾き語り公演が行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonヤノ・ラボ 2002

2002年7月

赤坂ACTシアターにて、二年目のヤノ・ラボ開催。「ヤノ・ラボ」=「矢野顕子と音楽研究所(Yano Akiko & Music Laboratory)」というネーミングは、糸井重里氏によるものです。

詳細データ シングルCD ページ先頭へ ページ先頭へ ページ最後へ


buttonBlue Note Tokyo

button2003年 矢野顕子グループ at Blue Note Tokyo

2003年のお馴染みのグループによる来日公演は、「さとがえる」としてではなく、夏にBlue Note Tokyoで行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button2004年 矢野顕子グループ at Blue Note Tokyo

2003年に続き、お馴染みのグループによる来日公演がBlue Note Tokyoで行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button2005年 矢野顕子グループ at Blue Note Tokyo & チキンジョージ

既に夏の風物詩に定着したトリオでの公演が、恒例のBlue Note Tokyoと、神戸のチキンジョージで開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button2006年 矢野顕子グループ at Blue Note Tokyo

2006年のブルーノート公演は、さとがえるコンサートの一環として行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button2007年 矢野顕子グループ at Blue Note Tokyo

改装なったブルーノート東京での初公演。レイ・ハラカミ氏とのユニット、yanokamiのデビューが話題の今年も、このトリオは欠かせません。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonAKIKO YANO & MARC RIBOT Blue Note Tokyo

2008年は、トリオでなく、秋に出る新アルバムに参加しているギタリスト、Marc Ribot氏との共演。新アルバムからの曲もたっぷり披露されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button2009年 AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER @ Blue Note Tokyo

2009年は、いつものさとがえるトリオでなく、新たなトリオ。昔から矢野さんのサポートを行ってきたWill Lee氏とChris Parker氏。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button2010年 AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER @ Blue Note Tokyo

2010年も、前年と同じトリオでのブルーノート東京公演が行われました。

ページ先頭へ ページ最後へ

button2011年 AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER @ Blue Note Tokyo

すっかり、このメンバーが「矢野顕子トリオ」として定着した三年目の公演です。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button2012年 AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER @ 東名阪

「矢野顕子トリオ」四年目の公演は、東京だけでなく名古屋と大阪でも開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button2013年 AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER

「ブルーノート・トリオ」での演奏もすでに五年目。今年は、三人とも新譜をリリースした直後の開催となりました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button2014年 AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER

これで12年連続の夏のブルーノート祭。現在のトリオでの演奏が、その半分を占める6年目となりました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button2015年 AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER

かなり以前の曲から翌月発売の最新アルバムからの曲まで、選曲・構成とも、非常に好印象のステージでした。Chirisは本格的に日本語を勉強し始めたそうです。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button2016年 AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER

サプライズに溢れた熱い公演。このトリオ史上、最もバラエティに富んだ選曲だったかも。マンネリという言葉とはまったく無縁のトリオだと実感するステージです。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ


buttonその他

buttonクリームシチュー

1997年5月 3回


シングル「クリームシチュー」発売記念ライブ。急に開催が決定したせいか、パンフやグッズの販売も無く、セットも特に工夫の無い小じんまりとした雰囲気のコンサートでした。共演のCarol Steeleさんのパーカッションは矢野さんの演奏を上手く引き立てていたし、コーラスの声も良かった。初日が中野サンプラザで、後の二日間がアートスフィアでの公演でしたが、この内容なら小さい会場=アートスフィアの方がしっくりきていたと思います。矢野さんの喉の調子も近年では最高だったのではないでしょうか。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonTHE HAMMONDS

1997年7月 4回

まだ5曲入りのミニアルバムしか発表していない「新人バンド」THE HAMMONDSの初来日公演。初日の大阪公演は台風上陸のため順延となり、7/27にはホールコンサートと野外イベント出演の二本立てとなったようです。「矢野顕子」のソロ・コンサートとは全く違う、80年代前半を思い出させる、ノリノリの超カッコイイロックライブでした。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonAKIKO's PIANO MONTHLY


New YorkのJoe's Pubにて、ゲスト・ミュージシャンを招いてのコンサートが月例で実施されました。また、7月1日の公演は、インターネットでのライヴ中継も行われました。時差のため、平日午前中の中継となり、見ることができず残念。米国在住の方から、「Message from You」に届けられたレポートを転載しておきます。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonAKIKO's PIANO MONTHLY 2003


New YorkのJoe's Pubでの月例コンサートが二年連続で実施されました。残念ながら、観ることはかなわず、レポートも届かなかったので、詳細無しです。

ページ先頭へ ページ最後へ

button2002年 ロンドン公演


Londonは、SohoにあるThe PizzaExpress Jazz Clubにて、5日間7公演の弾き語り公演が行われました。うち、2日間、3公演を観に行くことができました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button2004年、Performances at Joe's Pub

恒例となっている、New YorkのJoe's Pubでのコンサート。2004年は頻繁に開催されました。セットリスト等を掲載しておきます。

Performances in NYC, Joe's Pub

The Akiko Yano Trio at Joe's Pub

The Akiko Yano Trio at Joe's Pub

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button中也生誕百年祭2007記念事業 「サーカス小屋でコンサート」

中原中也の生誕100年の記念イベントとして、山口市中央公園横特設テントにて開催されたイベントに出演されました。友部正人さんがゲスト出演。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonyanokami

2007年8月25日

2007年8月8日にデビューアルバムをリリースした新人バンド、yanokami。アップルストア銀座でのインストア・イベントを皮切りに、フェスティバルにも参加。そして、単独公演を恵比寿リキッドルームで行いました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonyanokami_live 08

2008年8月26日(名古屋クラブクアトロ)、27日(心斎橋クラブクアトロ

yanokamiの単独ライヴが、名古屋と大阪で開催されました。
大阪での演奏曲は、
1 Big Love、2 David - English version -、3 終りの季節、4 Too Good To Be True、5 You Showed Me、6 La La Means I Love You、7 Night Train Home、8 いい子だね(矢野さんソロ/新曲)、9 変わるし(矢野さんソロ/新曲)、10 ハラカミ氏ソロ、11 Montauk、12 Full Bloom、13 ばらの花、14 Sayonara、アンコール 恋は桃色

鯉吉さん、ありがとうございます。

ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子2010「ここが音楽堂!」弾き語りツアー

新弾き語りアルバム「音楽堂」の発売に合わせ、全国11カ所、12回公演のツアーを敢行。会場によっては、岡林信康氏、奥田民生氏、細美武士氏のゲスト出演も有り。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonやもり(森山良子と矢野顕子)ツアー2010 ~あなたと歌おう~

森山良子さんと結成した「やもり」。アルバム発売後にライブツアーを行いました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonWWW presents "yanokami / 七尾旅人"

2010年12月15日(WWW

渋谷に新しくできたライヴハウス WWWで、yanokamiのライヴが開催されました。前半は七尾旅人さんのソロライヴで、後半がyanokamiの二部構成。演奏曲は
1. Big Love、2. 終りの季節、3. Sayonara、4. 恋は桃色、5. Full Bloom、6. 曇り空(荒井由実)、7. バンブー・ミュージック(David Sylvian & 坂本龍一)、9. Night Train Home、アンコール. ばらの花

新たなレパートリー二曲(荒井由実、シルヴィアン&坂本龍一の曲)の披露があり、お二人のコンビ芸にも磨きがかかり、良いライヴでした。

ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子×上原ひろみ Recording LIVE IN TOKYO ~Get Together~

2011年9月9日

上原ひろみさんとのライヴレコーディングを、人見記念講堂で行いました。詳しくは、2011年11月23日に発売となるアルバム「Get Together ~ LIVE IN TOKYO~」をお聞きいただくとして、以下、簡単な当日の様子を。

開演前の影アナは、お二人が自ら録音したもの。ライヴ・レコーディングということで、携帯やアラーム付き腕時計の音が演奏中に鳴るのを、絶対に止めたいという思いから。そして、お二人登場。白い衣装の矢野さんと黒の上原さん。矢野さんはヘッドセットマイクを装着。ピアノはYAMAHAの最高機種「CFX」。

さすがにお二人ともテンションの高い、素晴らしい演奏が続く。過去の共演で披露した曲もあれば、本邦初演の曲もある(詳しくはアルバムで!)。7曲+アンコール1曲の計8曲。通常のコンサートより短いかなと思っていたら、ここから、納得がいかなかった曲のやり直し。十分に凄いと思って聴いていた曲も、二回目はさらにグレードアップ。お二人とも、もの凄いエネルギーだ。すっかり調子が出てきたのか、上原さんは感極まったように「レコーディングは楽しいですね」、「ピアノは楽しいですね」発言を連発。結局、4曲を再演し、さらにおまけのアンコールが一曲。たっぷりと堪能させていただいた。出来上がりのアルバムで、どのように聞こえるのか今から楽しみだ。

今後、矢野さんの新アルバムは、どんどんライヴ・レコーディングでやっていただきたいと思わせる充実の時間だった。

オリジナル ページ先頭へ ページ最後へ

buttonやもりツアー2012 ~やもりやもり~

森山良子さんと結成した「やもり」。二年ぶりのライヴツアーが行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子、忌野清志郎を歌うツアー2013

アルバム「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」リリース後、全国ツアーが開催されました。会場によっては、MATOKKU、岡林信康氏、奥田民生氏、細美武士氏、清水ミチコ氏のゲスト出演も有り。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonyanokami indoor festival

2013年8月30日

半分しか稼働しなくなったyanokamiですが、ずっと続けていくという矢野さんの強い気持ちで、リキッドルームでのワンマン・ライヴが開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子プレミアムライヴ

2014年2月17日

新アルバム「飛ばしていくよ」の発売に先駆け、渋谷のライヴハウス WWW でライヴが開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button飛ばしていくよツアー2014

アルバム「飛ばしていくよ」リリース後、ツアーが開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button「飛ばしていくよ」ピアノ弾き語り レコーディング・ライブ

2015年5月2日・3日

前年に発売されたアルバム「飛ばしていくよ」の、ピアノ弾き語り盤のレコーディング・ライヴが二日間にわたって開催されました。なお、この時点では、いつ、どのような形態でライヴ盤が発売されるかは未定とのことでしたが、2015年、配信リリースされました。

詳細データ ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

button『ひとりで飛ばすよ、どこまでも。』ツアー 2015

大都市で無いところで、矢野さんの音楽をまだ聴いたことが無い方々に聴いてもらいたいという思いで、弾き語りツアーが開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子&上妻宏光/二重奏

2014年に、ニューヨークのジャパン・ソサエティで共演した三味線プレイヤー 上妻宏光氏と、日本でも共演することになりました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonアッコちゃんの“ねえねえ、これ聴いてみて”

音楽ファンとしての矢野さんが、家に遊びに来た友達にお勧めのレコードを聴かせるような感覚で音楽を紹介するというイベントが、下北沢の本屋B&Bで開催されました(矢野さんの演奏無しのトークイベント)。ハーブティーとおやつ付き。矢野さんが、ご自身の2億枚のコレクションの中から厳選して持ち込んだCDと流した曲は、以下の通り。

  1. The Association 「Birthday」から、「Come On In」
  2. Chic 「Risqué」から、「Good Times」(持ち込んだCDはベスト盤でした
  3. あがた森魚 「噫無情(レ・ミゼラブル)」から、「最后のダンスステップ」(続けて「大寒町」も少し
  4. 矢野さんご自身の、PRESTO
  5. DiVa 「うたがうまれる」から、「うそつき きつつき」・「階段の上の子供」
  6. Tony Bennett & Bill Evans 「Together Again」から、「Make Someone Happy」
  7. Demo Tape-1から、「福岡市ゴジラ」・「うさぎとかめ」・「CRY」
  8. Marvin Gaye & Tammi Terrell 「You're All I Need」から、「You're All I Need To Get By」(持ち込んだCDはベスト盤でした
  9. Demo Tape-1から、「開演の辞」

ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子 40th Anniversary 第1弾“ふたりでジャンボリー”

「JAPANESE GIRL」でのデビューから40周年を記念したイベントの第一弾。東京グローブ座を舞台に、日替わりゲストを招いての5回連続公演が行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button代官山サロン「アッコちゃんの“ねぇねぇ、これ聴いてみて”」

プロの音楽家であると同時に音楽愛好家でもある矢野さんが、家に遊びに来た友達にお勧めのレコードを聴かせるような感覚で音楽を紹介するというイベントの第二回目が、代官山の蔦屋書店で開催されました。前回の、狭いけどアットホームな本屋さんとはうってかわって、代官山のシャレオツなラウンジというかサロンというか。ゆったりしたソファー席でドリンク(アルコール飲料も有り)片手に。今回流した曲は、以下の通り。

  1. Jimmy Webb 「Just Across the River」から、「Wichita Lineman」(Billy Joel・ Jerry Douglasと共演したバージョン
  2. Todd Rundgren 「Hermit of Mink Hollow」から、「Can We Still Be Friends」
  3. モコ・ビーバー・オリーブ 「海の底でうたう唄」(持ち込んだCDは、オムニバス盤「フォーク・ベスト30」
  4. Carly Simon 「Boys in the Trees」から、「Boys in the Trees」
  5. 大貫妙子 & 坂本龍一 「UTAU」から、「Tango」
  6. Steely Dan 「Katy Lied」から、「Doctor Wu」
  7. Pat Metheny 「Secret Story」から、「Above the Treetops」(当初は矢野さんが歌う構想だったが、結局、カンボジアの少年合唱団になったそうです
  8. Pat Metheny 「Secret Story」から、「As A Flower Blossoms (I Am Running to you)」(矢野さんが詞と声で参加
  9. 「矢野顕子 + TIN PAN PART II さとがえるコンサート」から、「抱きしめたい」

ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子 ふたりでジャンボリー ~ 糸井が書いて矢野が歌う1101曲(の予定)~

デビュー 40周年記念イベント。今度のジャンボリーは、糸井重里氏を招いて、裏話たっぷりの楽しい企画になりました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button「アッコちゃんの“ねえねえ、これ聴いてみて”」Vol.3

プロの音楽家であると同時に音楽愛好家でもある矢野さんが、家に遊びに来た友達にお勧めのレコードを聴かせるような感覚で音楽を紹介するというイベントの第三回目が開催されました。今回は、書店ではなく、渋谷のカフェ。今回流した曲は、「矢野山脈」を軸に、以下の通り。

  1. 矢野顕子「矢野山脈」から、「丘を越えて」(「JAPANESE GIRL」収録曲だが、リマスタリングによって音質向上
  2. あがた森魚 「日本少年」から、「ヴヰクトリアルの夜」
  3. あがた森魚 「日本少年」から、「山田長政」
  4. Steely Dan 「Can't Buy a Thrill」から、「Do It Again」
  5. 矢野顕子「矢野山脈」から、「にぎりめしとえりまき」(「ELEPHANT HOTEL」収録曲だが、リマスタリングによって音質向上
  6. Toninho Horta 「Infinite Love」から、「Luisa」
  7. Herbie Hancock 「Possibilities」から、「Hush, Hush, Hush feat. Annie Lennox」
  8. 矢野顕子 「矢野山脈」から、「中央線」(「はじめてのやのあきこ」収録の小田和正共演バージョン

ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子×上原ひろみ Recording Live in Tokyo ~ラーメンな女たち~

2016年9月15日

上原ひろみさんとのライヴレコーディングを、オーチャードホールで行いました。2011年のGet Togetherに続き、二度目。以下、簡単な当日の様子を。

今回も開演前の影アナは、お二人が自ら録音したもの。ライヴ・レコーディングということで、携帯やアラーム付き腕時計の音が演奏中に鳴らないよう注意するのだが、ほぼ、漫才状態。そして、お二人登場。矢野さんはヘッドセットマイクを装着。上原さんのピアノはYAMAHAの最高機種「CFX」(この夏のツアーにも連れ回していたそうです)。矢野さんのピアノはスタインウェイ。

演奏は、さすがのクオリティ。詳細は来年リリースされるアルバムをお楽しみ、というところだが、ひろみさんが生まれた年に発表されたアルバムからの曲、童歌、昭和歌謡の名曲、AZUMA HITOMIさんが機械でやったことをひろみさんが人力で再現したあの曲、上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトの曲に歌詞を乗せた物、ひろみさん作詞・作曲の新曲、東京 / NYをつないだカバー曲、そして、本気で食べたいラーメンの8曲。さらに、お二人の協議の結果、4曲をやり直し。二人とも、本当に楽しそうだ。

掲示されていた終演予定時刻 20:30を一時間超えて、レコーディング・ライヴ終了。今後も、続けてもらいたい企画だと切望。

ビーンズさん、ピアノに関するご指摘、ありがとうございました。

オリジナル ページ先頭へ ページ最後へ

buttonJ-WAVE SPECIAL LIVE 矢野顕子 40th Anniversary ふたりでジャンボリー ゲスト:YUKI

デビュー40周年記念イベント、今回は、J-WAVE主催の特別編。ゲストはYUKIさん。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonKYOTO NIPPON FESTIVAL~Autumn Leaves 2016~矢野顕子 ふたりでジャンボリー ゲスト:上妻宏光

これが第一回目となる、日本の伝統文化と音楽を融合させた季節型フェスティバル「KYOTO NIPPON FESTIVAL」の一環として、三味線奏者 上妻宏光氏を迎えた「ふたりでジャンボリー」が開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子&上妻宏光/二重奏

三味線奏者 上妻宏光氏との共演が、宮崎で開催されました。同時期に行われていた40周年記念企画『二人でジャンボリー』とは、別枠という扱いのようです。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子×上原ひろみ TOUR 2017 ラーメンな女たち

上原ひろみさんとライヴ・レコーディングを行った「ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-」の発売に合わせ、6都市を回るツアーが開催されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ


buttonゲスト参加等

buttonThe Chieftains公演ゲスト出演


アイルランドのトラッド・ミュージック界の重鎮バンド、「The Chieftains」とは、何度も共演されています。上に記載した以外にも、日本や米国で、何度も彼らのステージに参加しているようですが、私が行ったのは1997年が最初です。

矢野さんは、中盤で二曲を披露。一曲目はThe Chieftainsとともに1年半前にレコーディングしたけどまだ名前が決まっていないと言う曲(即興で"Akiko's Song"と命名)。これは二部構成になっていて、「ふなまち唄」とアイルランド民謡が組み合わさっています。二曲目は「Last Rose of Summer」。さらにエンディングでは一人ずつのソロ・パートがあって、ここで矢野さんは「津軽ツアー」を披露!

ようやく、1999年、この時披露された曲がCD化されました。

さらに、1999年の彼らの来日公演にも、出前やジァンジァンの合間を縫って、一日ゲスト出演されました(私は見に行けず)。

2001年には、The Chieftainsの日本ツアーのうち、東京・大阪・名古屋の公演に出演。大阪公演を見に行くことができました。ソロで「丘を越えて」と「スナオになりたい」。The Chieftainsと一緒に「Sake in the Jar」、アイルランドの古い歌(The Mountains of Pomeroy)を演奏。ラストにも登場し、各人がソロを回すところで「津軽ツアー」を披露されました。

2012年、The Chieftainsは結成50周年。その記念ツアーのオリンパスホール八王子での公演にゲスト出演されました。共演曲は、「The Mountains of Pomeroy」と「Sake in the Jar」。久しぶりの共演ですが、息もぴったりの熱演でした。ラストにも登場し、各人がソロを回すところで「モスラ」を披露されました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonRESPECT!(忌野清志郎30周年に捧げちゃう! 一夜限りのドカドカうるさい ロックン・ロール・ショー!)ゲスト出演

2000年3月3日

日本武道館で開催された、忌野清志郎さんのデビュー30周年記念コンサートに、出演されました。私は見に行けなかったのですが、あまりにもすごい面子が揃ったようなので、ここに記録しておきます。

矢野さんは、「海辺のワインディングロード」を弾き語りで披露。アンコールでは出演者全員で「雨上がりの夜空に」を演られたそうです。

そのほか、主な出演者は以下の方々。
泉谷しげる、井上陽水、上原裕、梅津和時、及川光博、沖祐市、奥田民生、小倉博和、片山広明、KYON、小林雅之、斉藤和義、坂崎幸之助、THE HIGH-LOWS、JOHNNIE FINGERS、スカパラホーンズ、Char、 寺岡呼人、仲井戸“CH ABO”麗市、 BAHO、藤井一彦、藤井謙二、藤井裕、三宅伸治、村上”ポンタ”秀一、 ゆず、吉田建、ロリータ18号、ワタナベイビー

ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

buttonBeautiful Songs

2000年7月 9回

矢野さんが、かつてジァンジァンで共演した大貫妙子さん、鈴木慶一さん、宮沢和史さん、奥田民生さんに声をかけて実現した、まさに夢の共演。実力と個性を兼ね揃えた、「金のために音楽やってんじゃないよ」という考え方を持ったミュージシャンが結集し、音楽の楽しさを見せつけてくれました。

詳細データ ライヴ盤 ページ先頭へ ページ最後へ

buttonKenji Shock

2000年12月16日、17日

1998年11月に急逝されたギタリスト、大村憲司氏のトリュビュート・コンサート。青山劇場にて開催。高野寛 / 遊佐未森 / 渡辺香津美 / 大貫妙子 / 近藤房之助 / 徳武弘文/ 高橋幸宏 / 矢野顕子 / Char / 柳ジョージ / 高水健司 / 中村哲 / バカボン鈴木 / 村上“ポンタ”秀一/ 小原礼 / 沼澤尚 /浜口茂外也らの各氏に加え、憲司氏の息子さん、大村真司さんもギタリストとして参加。

矢野さんは、高橋幸宏氏、小原礼氏をバックに、敢えてギター抜きのアレンジで「また会おね」。ソロの弾き語りで、大村夫人のリクエストという「BAKABON」を演奏。この他、高橋幸宏氏、大貫妙子氏、Char氏、さらに大村真司さんをフィーチャーした憲司さんのナンバーの演奏でもバックを務めていました。

憲司氏の不在を際だたせた「また会おね」。改めてライヴで聴けるとは思ってもいなかった高橋幸宏氏のヴォーカルに矢野さんのコーラス付きの「Radio Junk」などなど、聴きどころ満載のコンサートでした。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonKenji Shock in チキンジョージ

2001年6月4日(月)

前年に行われた大村憲司氏のトリビュート・コンサートが、氏、縁のライヴ・ハウス、神戸チキンジョージでも開催されました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonBeautiful Songs 2002

2002年3月~4月 10回

2000年に行われた、大貫妙子さん、鈴木慶一さん、宮沢和史さん、奥田民生さんとのジョイント・コンサートが再び。一線で活躍するミュージシャン達が、単なる合同公演ではなく、また、スーパー・バンドとしてでもなく、有機的に絡まり合いつつ展開するコンサート。まさに唯一無二の試みです。二回目のツアーとあって、前回以上にまとまったチームワークを見せてくれました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonFUJIROCK FESTIVAL '02 & RISING SUN ROCK FESTIVAL

2002年7月27日(土) & 8月17日(土)

忌野清志郎さんとのユニットで、野外のイベントに二本出演されました。

FUJIROCK FESTIVAL '02の演奏曲は、1. 夜の散歩をしないかね 2. Money Song 3. ごめんなさい Oh Yeah 4. ブーアの森へ 5. けんかでデート 6. イヤシノウタ 7.彼女の笑顔 8. また会おね 9. 海辺のワインディングロード 10. 多摩蘭坂 11. ひとつだけ

RISING SUN ROCK FESTIVALの演奏曲は、1. 夜の散歩をしないかね 2. 春咲小紅 3. 彼女の笑顔 4. けんかでデート 5. 海辺のワインディングロード 6. 多摩蘭坂 7. ひとつだけ

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonGTF MUSIC PARTY

2002年7月28日(日)

Greater TOKYO Festival 2002の一環として、大貫妙子さん、槇原敬之さんと三人の共演イベントが開催されました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonMt. Fuji Jazz Festival 2002

2002年8月10日(土)

富士スピードウェイ特設ステージで開催されたジャズ・フェスティバルに出演されました。

演奏曲は、1. CHILDREN IN THE SUMMER、2. 赤いクーペ、3. てぃんさぐぬ花、4. ニットキャップマン、5. 在広東少年、6. Dreaming Girl

池田さん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonJive the Keys

2003年6月1日(日)

大阪城ホールにて、「鍵盤」をキーワードに行われた、FM802のイベントに出演されました。矢野さんは、orange pekoeと一緒に「いいこ いいこ」、小田和正氏と一緒に「言葉にできない(オフコース)」「中央線」、ソロで「ひとつだけ」「ばらの花(くるり)」、宮沢和史氏と一緒に「島唄(THE BOOM)」を演奏されたそうです。

寺西さん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

button2003 日本海夕日コンサート

2003年8月10日(日)

新潟市で「日本海夕日キャンペーン事業」の一環として開催された「2003 日本海夕日コンサート」に出演されました。音楽プロデュースは服部克久氏。他の出演者は、服部克久と音楽畑オーケストラ、杉山清貴氏、サーカス、新潟市ジュニア合唱団。

矢野さんは、1. 春咲小紅、2. サッちゃん、3. ニットキャップマン、4. ラーメンたべたい、5. SHENANDOAH(音楽畑オーケストラと共演)、6. ひとりぼっちはやめた (音楽畑オーケストラと共演)を演奏されたそうです。

竹内さん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonコスモ アースコンシャス アクト アースデー・コンサート

2004年4月22日(木)

毎年4月22日の「世界アースデー」に開催されているコンサートに参加されました。他の出演者は、今井美樹・大貫妙子・小坂忠・佐野元春・高野寛・CHARA・チェンミン・bird・ハナレグミ・松任谷由実・森山良子の各氏。

矢野さんは、1. 電話線、2. 君住む街角(森山良子さんと)、3. ばらの花、4. 機関車(小坂忠さんと)を演奏されたそうです。

うえのさん、ちゅうじょうさん、ちはるさん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonJanis Siegel & Friends with Special Guests, Phoebe Snow & Akiko Yano

Blue Note New Yorkで行われた、Janis Siegelさんが豪華ゲストと共演するライヴに、出演されました。米国在住の方から届けられたレポートを転載しておきます。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button矢野顕子 & オーケストラ・アンサンブル金沢

フル・オーケストラと共演するという貴重なライブが、金沢と神戸で開催されました。指揮は、青山学院高等部時代の同級生、渡辺俊幸氏。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonみやこ音楽祭 2005

2005年12月3日(土)

2004年に続き、京都大学西部講堂で開催された大学生主体のイベントに出演されました。

矢野さんは、
1. Kyoto、2. ISETAN-TAN、3. 誰がために、4. あたしンち、5. David(英語バージョン)、6. 窓~青い空(くるり)、7. ニットキャップマン、8. 右手(ELLEGARDEN)、9. ごはんができたよ、10. PRESTO、11. 終わりの季節(レイ・ハラカミと共演)
を演奏されたそうです。

古結さん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonRyoko Moriyama 40th Anniversary Special Concert

森山良子さんのデビュー40周年記念公演にゲスト出演されました。

東京での矢野さんの演奏曲は以下の通り(8月末まで、コメントアウトしておきます)。興味ある方は、IN/OUTもご覧ください。

矢野さんのピアノと共に森山さんとのデュエット
  1. 愛はたくさん
  2. 誰にも言えないけど(森山良子
  3. ウナ・セラ・ディ東京
森山さん退場。矢野さんのソロ
  1. PRESTO
  2. 中央線
  3. ごはんができたよ
  4. すばらしい日々
  5. Nobuko
  6. ひとつだけ
再び、森山さん登場。
  1. 朧月夜 ~夏の思い出~ちいさい秋みつけた~ペチカ~雪の降る町を
  2. 新曲(タイトル未定
アンコール
  1. さとうきび畑(ピアノ伴奏
  2. Beautiful Dreamer(Stephen Collins Foster作、邦題「夢路より」。二人のアカペラ

大阪では、ソロのパートで、CHILDREN IN THE SUMMER、ニューヨーク・コンフィデンシャル、ばらの花、椰子の実、塀の上で、Night Train Homeを演奏されたそうです。また、タイトル未定だった新曲には、「恋愛宣言」という題名が付いたそうです。

ベルガさん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006

2006年8月6日(日)

茨城県国営ひたち海浜公園にて開催された野外イベントに、「矢野顕子 featuring レイ・ハラカミ」として出演されました。

直射日光がきつく、ハラカミ氏が機材のLEDの点灯状態が見えずに困ってしまうトラブルもありましたが、彼との共演で、
1. 終りの季節、2. David、3. Night Train Home、

ハラカミ氏退場後、ソロで
4. ばらの花、5. ごはんができたよ、6. 右手(ELLEGARDEN)、7. ひとつだけ
を演奏されました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonRISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO

2006年8月19日(土)

石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催された野外イベントに、「rei harakami feat.矢野顕子」として出演されました。

harakami氏が数曲、ソロ・プレイの後、矢野さんを呼び入れ、
1. 終りの季節、2. David、3. Night Train Home、4. ばらの花、

矢野さんのソロで
5. SUPER FOLK SONG、6. ROSE GARDEN、7. ごはんができたよ

再び、harakami氏と共に
8. 気球にのって
を演奏されました。

岡本さん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

button吉野金次の復帰を願う緊急コンサート

2006年8月28日(月)

病に倒れたレコーディング・エンジニア、吉野金次氏の治療費に充てるため、急遽、矢野さんの呼びかけでコンサートが開催されました。会場は北沢タウンホール。本番前には公開リハーサルも行われました。

矢野さんは、「夏なんです」、「中央線」、「右手(ELLEGARDEN)」、「PRAYER」をソロで演奏。

細野晴臣氏のバンド(「モダンブギ」、「ポンポン蒸気」、「くらやみ坂」、「ろっかまいべいびい」)、ゆず(「ユーモア」)、友部正人氏(「一本道」、「Speak Japanese, American!」)の演奏の後、井上陽水氏と「海へ来なさい」。大貫妙子氏と「横顔」、「ウナ・セラ・ディ東京」。

佐野元春氏(「SOMEDAY」)の後、細野晴臣氏と「相合い傘」、「終りの季節」が、演奏されたそうです。

さだかさん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonSPACE SHOWER TV Jammin' ~The Piano Session~ 矢野顕子×上原ひろみ

2006年12月8日(金)

SPACE SHOWER TVの主催で、上原ひろみさんとのセッションイベントが、昭和女子大学 人見記念講堂で行われました。

上原ひろみさんのソロ
  1. Desert on the Moon
  2. My One and Only Love
  3. ひとりぼっちはやめた
  4. The Tom and Jerry Show
矢野さんのソロ
  1. 中央線
  2. きよしちゃん
  3. ばらの花
  4. ごはんができたよ
共演
  1. CHILDREN IN THE SUMMER
  2. あんたがたどこさ ~ アフロブルー
  3. LIVING WITH YOU
  4. Very Early(Bill Evans
  5. はこ
  6. Déjà Vu(上原ひろみ
  7. ラーメンたべたい
アンコール
  1. そこのアイロンに告ぐ
  2. Green Tea Farm

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonカルロス・ヌニェス「ゲド戦記」を奏でる

2007年5月9日(水)

ジブリ映画「ゲド戦記」のDVD発売を記念したコンサートにゲスト出演されました。ガイタ(スペイン北西部ガリシア地方のバグパイプ)奏者、カルロス・ヌニェス氏とそのバンド(パンチョ・アルバレズ(ブズーキ)/パロマ・トリガス(ヴァイオリン)/シュルショ・ヌニェス(パーカッション,キーボード)を中心に、映画音楽を手がけた寺嶋民哉氏と、金子飛鳥ストリングス ハープの西山まりえさん、東京パイプバンド、さらに、主題歌を歌った手嶌 葵さんが出演。

矢野さんは、カルロス氏と「PRESTO」、カルロス・ヌニェス・バンドと「ひとりぼっちはやめた」、ピアノの前を離れ、スタンディングで「Women of Ireland(矢野さんによる日本語詞)」の三曲を披露。さらにアンコール一曲目では、総登場した出演者と共に「SHENANDOAH」(ボーカルは手島葵さんと二人)を演奏しました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonサマーソニック・ゼロセブン

2007年8月11日(土):大阪会場
2007年8月12日(日):東京会場

yanokamiとして、サマーソニックに出演されました。東京会場では、BEACH STAGEの大トリとして登場。たっぷり、13曲 + アンコール1曲を演奏。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonyanokami in MOSAIC Music Festival, Singapore

2008年3月15日(土)

シンガポールで開催されたMOSAIC Music Festivalに、yanokamiとして参加されました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button赤坂サカス 森山良子スペシャルライブ

2008年3月26日(水) 赤坂サカス サカス広場特設ステージ

2008年3月、TBS周辺の再開発地に完成した赤坂サカス。そのオープニング・イベントとして開催された森山良子さんのライヴに、ゲスト出演されました。

森山さんがひとしきり歌った後、退場。代わって、矢野さんのソロ
  1. 春咲小紅
  2. Home Sweet Home
  3. ばらの花
森山さんと二人で、
  1. 愛はたくさん
  2. 花(作詞:武島羽衣、作曲:滝廉太郎。「春のうららの~」
  3. 恋愛宣言(2006年の共演の時に作られた曲

計6曲演奏。ソロの三曲はもとより、森山さんとの共演も、二人の実力を遺憾なくぶつけ合った、素晴らしいものでした。一方、途中の森山さんとのおしゃべりは、「花」の歌詞の話題から、「おおブレネリ(上海出身の不礼練さん。職業:羊飼い)」まで、脱線しまくり。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonフェスティバルホール フェアウェルコンサート

2008年12月15日(月) フェスティバルホール

大阪中之島地区の再開発プロジェクトのため建て替えられることになったフェスティバルホールのフェアウェルコンサートに、谷村新司氏、南こうせつ氏、山本潤子氏、坂崎幸之助氏とともに出演されました。30分ほどの持ち時間に、

  1. どんなときも どんなときも どんなときも
  2. 雷が鳴る前に
  3. 中央線
  4. ニットキャップマン
  5. GREENFIELDS

また、最後に出演者全員で「いい日旅立ち」が歌われたそうです。

こけつさん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

button第九ひろしま 2008

2008年12月21日(日) 広島サンプラザホール

広島交響楽団(山下一史氏指揮)と5,500人の市民がベートーベンの第九を歌うイベントに、ゲスト出演されました。

第一部、ソロで「春咲小紅」「ラーメンたべたい」
オーケストラと「ひとつだけ」「おおパリ」
オーケストラ&合唱隊と、「Old Folks at Home (故郷の人々(スワニー河)

第二部は、オーケストラによる第九の演奏(第四楽章では観客と一緒に合唱に参加)。最後、「蛍の光」の合唱で、再度、矢野さんもステージに上がったそうです。

鯉吉さん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonあがた森魚とZIPANG BOYZ號の一夜

2009年2月22日(日) 九段会館

あがた森魚さんのコンサートにゲスト出演されました。他に、鈴木慶一、武川雅寛、和田博己、駒沢裕城、本多信介、渡辺勝、かしぶち哲郎、久保田麻琴、浜口茂外也(敬称略)らが参加。矢野さんは本編で3曲伴奏(内、一曲はデュエット)、一回目のアンコール 1曲目を ギターの徳武弘文氏と伴奏、二回目のアンコール 最後の「大寒町」でも登場(一節、ヴォーカル担当)。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonSPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009

2009年8月30日(日) 山梨県 山中湖交流プラザ きらら

スペースシャワーTVが主催する野外ライブイベントに出演されました。演奏曲は、1. BAKABON、2. Evacuation Plan(英語詞)、3. 変わるし、4. ごはんができたよ、5. Rose Garden、6 ひとつだけ

佐藤@(20世紀)ベース少年さん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonTokyo Jazz Festival 2009

2009年9月4日(金)

2009年の東京Jazz、初日のGala Nightに、上原ひろみさんとのデュオで出演されました。演奏曲は、

  1. そこのアイロンに告ぐ
  2. あんたがたどこさ ~ アフロブルー
  3. Evacuation Plan英語詞
  4. 上原さん、ソロ:I've Got Rhythm
  5. 矢野さん、ソロ:BAKABON
  6. My Romance(Lorenz Hart / Richard Rodgersによる、スタンダード
  7. Déjà Vu(上原ひろみ
  8. ROSE GARDEN
アンコール
  1. Green Tea Farm矢野さんはスタンディングで歌唱に専念
  2. ラーメンたべたい"So What"をプラス

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonシンフォニック・エンタテインメント Vol.2

2004年のオーケストラ・アンサンブル金沢との共演から6年。青山学院高等部時代の同級生、渡辺俊幸氏がプロデュースする公演にゲスト出演されました。今回は、日本フィルハーモニー交響楽団との共演。矢野さんの演奏曲は、「ひとつだけ」、「マイ・ロマンス(この曲のみ、ピアノが西 直樹氏。矢野さんは歌唱に専念)」、「中央線」、「へびの泣く夜」。そして、アンコールで「おおパリ」。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonムーンライダーズ、デビュー35周年記念 火の玉ボーイ コンサート

2011年5月5日(木) メルパルクTOKYO

デビュー時から親交の深いムーンライダーズのデビュー35周年記念コンサートにゲスト出演されました。公演は二部構成で、第一部では、デビューアルバム「火の玉ボーイ」を全曲演奏。矢野さんは「火の玉ボーイ」、「午後の貴婦人」、「地中海地方の天気予報」、そして「髭と口紅とバルコニー」に、ピアノやコーラスで参加。第二部では、矢野さんをフィーチャーした「達者でナ」を含む三曲に参加。そして、徳武弘文氏、南佳孝氏、あがた森魚氏らゲスト出演者総登場のアンコールは「大寒町」(最初のワンコーラスは矢野さんのソロ)。なお、会場は、1976年5月1日に、ムーンライダーズがコンサートを行った("JAPANESE GIRL"発表前の矢野さんも出演されていた)場所です。当時は、芝郵便貯金ホールという名前でした。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonyanokami @ 2011年夏フェスティバル

yanokamiとしての活動を再始動し、3本の夏フェスに参加を発表。楽しみにしていましたが、直前の2011年7月27日、レイ・ハラカミさんが急逝されてしまいました。それでもライヴは、残った矢野さんが勤め上げました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button藝祭2011特別企画「地下やの屋」、「夜やの屋」

矢野さんと東京藝術大学の学生がコラボレーションする企画「やの屋」の成果お披露目が、藝祭2011で二日間、行われました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love & Peace 2012年5月2日

2012年5月2日(水) 日本武道館

2011年に引き続き、清志郎さんの命日、5月2日に開催されるR&Rショーに出演されました。他の出演者は、奥田民生、木村充揮&内田勘太郎、斉藤和義、JUN SKY WALKER(S)、Steve Cropper、Chara、トータス松本、仲井戸“CHABO” 麗市、浜崎貴司+ 小泉今日子、三宅伸治、吉井和哉、ラキタ、LOVE PSYCHEDELICO。さらに、バンドは、仲井戸麗市(Guitar)、新井田耕造(Drums)、藤井裕(Bass)、Dr.kyOn(Keyboards)、梅津和時(A.Sax)、片山広明(T.Sax)、Leyona(Chorus)という豪華なメンバーで4時間半。矢野さんは、「雑踏(アルバム「KING」収録。矢野さんによるカバーは世界初演)」と「ひとつだけ」を弾き語りで披露。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonTOKYO M.A.P.S AKIKO YANO EDITION

2012年5月3日(木)- 5月4日(金) 六本木ヒルズアリーナ

2012年ゴールデン・ウィーク、J-WAVEと六本木ヒルズが共催するイベントのオーガナイザーを務めました。テーマは『風を作れ。雲を渡れ。』。矢野さんの呼びかけに応えたミュージシャンは、松本淳一/MATOKKU、原田郁子、大貫妙子、Ovall、細美武士、大橋トリオ、世武裕子、宮沢和史、レキシ、鈴木慶一。

矢野さんは、3日はyanokami(ゲストダンサー:森下真樹)として、1. Don't Speculate、2. David、3. Ruby Tuesday、4. 東京コシツ(森下真樹)、5. 瞳をとじて、6. ばらの花、EC. 気球にのって を演奏。4日はソロで、1. また会おね、2. しあわせなバカタレ、3. Home Sweet Home、4. 気仙沼においでよ、5. All The Bones Are White、6. いい日旅立ち、7. GREENFIELDS、EC. ひとつだけ を演奏されたそうです。

左高さん、ありがとうございました。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonザ・ピアノ・エラ 2013

2013年11月30日(土)めぐろパーシモンホール

ピアノに特化した二日間のイベントの初日に登場。この日は、アルゼンチンのNora Sarmoria、ブラジルのAndré Mehmariの三人が出演。

Nora Sarmoriaさんは、歌入り(弾き語りと言うより、ピアノに合わせたスキャットという感じ)。続く André Mehmari氏は、ダイナミックかつ繊細なテクニックを響かせるピアノ。それぞれ一時間の演奏の後、最後に登場した矢野さん。いつものように弾き語り用にセットされているように見えたマイクを、さっと脇にどけ、ピアノ演奏に専念。1. A Thought(ハイドン風であり、シューマン風?)、2. あの町この町、3. WATER WAYS FLOW BACKWARD AGAIN、4. いい日旅立ち、5. 楽しき農夫、6. 本日初演の新曲。を披露。歌詞の制約が無い分、いつも以上にアバンギャルドな演奏。久しぶりに聴く3曲目や、歌詞抜きで、さらに大胆にアレンジされた4曲目など、どれも印象深い。そして、アンコールで、いもむしごろごろ。この曲だけは、歌唱付きだったが、それまでの集中したピアノ演奏でコンディションがすっかり高まっていたのか、これまた素晴らしい演奏だった。イベントの最後は、Nora嬢とAndré氏の連弾による唱歌「ふるさと」。三者三様、個性的なピアノ演奏と、イベントの趣旨に沿って、ピアノだけで勝負した矢野さんのカッコ良さ。意外なほど楽しいイベントだった。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonサマーソニック 2014

2014年8月16日(土)東京会場

飛ばしていくよツアー2014のサポートメンバー二人を従えて、野外フェスで飛ばしてくれました。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

buttonJ-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015

2015年8月8日(土)国立代々木競技場第一体育館

J-WAVEが主催する二日間のイベントの一日目に登場。

詳細データ ページ先頭へ ページ最後へ

button松本 隆 作詞活動45周年記念オフィシャル・プロジェクト 風街レジェンド2015

2015年8月21日(金)東京国際フォーラム ホールA

松本隆氏の作詞活動45周年を記念した二日間のイベントの一日目に登場。20名以上のゲストが、彼の作詞作品を歌う豪華なコンサートで、松本氏自身、40年ぶりと言うドラムを叩き、はっぴいえんどの曲を細野晴臣氏、鈴木茂氏とともに演奏されました。矢野さんは、ピアノ弾き語りで「想い出の散歩道」、バンドと一緒に「ポケットいっぱいの秘密」の二曲、どちらもアグネス・チャンのカバーを披露されました(もちろん、後者は、すっかり矢野さんバージョンになっていましたが)。また、コンサートの最後、出演者全員が揃っての「風をあつめて」でも、ワンコーラス、リードを取っていました。

イベント全体については、IN/OUTもご覧ください。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonWORLD HAPPINESS 2016 夢の島 THE LAST

2016年8月28日(日)夢の島公園陸上競技場

高橋幸宏氏がキュレーターを務める野外フェスに出演されました。

まずは、AFTER SCHOOL HANGOUT(林立夫&沼澤尚 with 鈴木茂, 森俊之, 沖山優司 featuring Leyona and 高橋幸宏)のステージに、スペシャル・ゲストとして出演し、二曲を共演。呼び込みの際、高橋幸宏氏は「僕の隣で歌を歌うのは、YMO以来かな」と言ってました。共演曲は、NEIL YOUNG / HELPLESS、TODD RUNDGREN / I SAW THE LIGHT。(私は、すっかり曲名を失念していたのですが、後日、メールでご指摘いただきました。これでした! 小松様、ありがとうございます。

1アーティスト挟んで、矢野さん自身の部。

  1. CHILDREN IN THE SUMMER
  2. 夏なんです
  3. そりゃムリだ
  4. ひとつだけ
  5. Tong Poo
  6. 春咲小紅 2016

実際の蝉の声が響く野外での「夏休みの子供」から始まる最初の4曲はピアノ弾き語り。矢野さん目当てじゃ無い人も多数参加のイベントを意識したような分かりやすい演奏とMC。「ひとつだけ」の演奏前には「この曲をセルフ・カバーでレコーディングした時、最初に良い曲だと誉めてくれたのが幸宏でした」のコメントあり。そして、ゲストのSeiho氏を呼び込み、まずは彼のソロ・プレイ。サウンドを操ると同時に、持参してきた花を花瓶に生けていくという、ちょっと謎のパフォーマンス(ハラカミさんは、こういう美意識とは違ってたなぁ…)。そこからシームレスに「Tong Poo」へ。Seiho氏、そのサウンドと生け花パフォーマンスだけでなく、さらっさらのロングヘアーにヘソ出しルックと、全身美意識の塊のような雰囲気だが、意外に喋ると関西弁の好青年という風でもある。そして、最後は、二人で新たに録音した「春咲小紅」のニューバージョン。11月に発売される「矢野山脈」に収録されるそうです。

イベント全体については、IN/OUTもご覧ください。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonいぬねこなかまフェス 2016 ~動物愛護週間に集まろう~

2016年9月11日(日)昭和女子大学人見記念講堂

動物愛護週間に開催されるイベントに出演されました。他のゲストは(以下、敬称略)、akiko、浅田美代子、浅野明子(弁護士)、小泉今日子、坂本美雨、スティーヴ・エトウ、椿鬼奴、富樫春生、町田康、水越美奈(動物行動学)、渡辺眞子、友森玲子、糸井重里。

矢野さんは、オープニング・アクトとして、わたしのにゃんこいつもより猫成分多め)と、わたしとどうぶつと。を(歌詞の背景を、かなり丁寧に説明しながら)演奏。「わたしとどうぶつと。」では、レコーディングにも参加したミグノンのボランティアの皆さんがコーラスで参加しました。

イベント全体については、IN/OUTもご覧ください。

ページ先頭へ ページ最後へ

button赤塚不二夫生誕80年企画 バカボン&もーれつア太郎50周年記念 バカ田大学祭ライブ

2017年5月3日(水)恵比寿 ザ・ガーデンホール

赤塚不二夫氏の傑作「天才バカボン」と「もーれつア太郎」の50周年記念イベントとして、2017年5月3日~5日の三日間開催された「バカ田大学祭ライブの」初日に、THE BEATNIKSと共に出演されました(因みに、4日は、大貫妙子さん&小松亮太さん、KIRINJI、5日は、ゴンチチと清水ミチコさん)。なお、主催は「赤塚不二夫生誕80年製作実行委員会」ですが、赤塚氏は1935年生まれなので、このイベント開催時は生誕82年に当たります。

先攻で登場した矢野さんは、「昔、山下達郎と、『大学祭には出ないようにしよう』と約束し合ったけど、今回は呼んでいただいて嬉しい」ということで、「BAKABON」、「SUPER FOLK SONG」、「雑踏」、「Welcome to Jupiter」、「中央線」、「あたまがわるい」、「春咲小紅」、「いい日旅立ち」、「ひとつだけ」の9曲を弾き語りで披露。

セットチェンジの後は、THE BEATNIKS(高橋幸宏・鈴木慶一の両名に加え、砂原良徳氏とゴンドウトモヒコ氏が参加)のステージ。「6 7,000,000,000の天国」、「ちょっとツラインダ」、「出口無し」などを演奏。そして、最後に矢野さんをステージに呼び戻して、この日のために作った新曲「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」。アンコールは、矢野さんがリクエストしたというYMOナンバー「BALLET」を、THE BEATNIKSと矢野さんが演奏するという、レアな光景になりました。「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」の時は、ユキヒロ氏はドラムを叩いていたけど、矢野さんはスタンディングでコーラス。「BALLET」の時は、矢野さんはピアノとコーラスで参加しましたが、ユキヒロ氏はドラムは叩かずにヴォーカルに専念していたので、個人的に期待していた、彼のドラムと矢野さんのピアノの共演とはなりませんでした。

ページ先頭へ ページ最後へ


button時系列一覧

1981年また会おねツアー
1981年~渋谷ジァンジァン
1982-1987年出前コンサート
1984年オーエス オーエス
1985年ブロウチ
1987年グラノーラ・ツアー
1991年Tokyo Music Joy
1991年LOVE LIFEツアー
1992年Super Folk Song
1993年LOVE IS HERE
1994年ELEPHANT HOTEL
1995年Piano Nightly
1996年Piano Nightly(追加公演
1996年さとがえるコンサート'96
1997年クリームシチュー
1997年The Chieftains公演ゲスト出演
1997年THE HAMMONDS
1997年さとがえるコンサート1997
1998年再開後)ジァンジァン 1998
1998年再開後)出前コンサート 1998
1998年さとがえるコンサート1998
1999年出前コンサート1999
1999年ジァンジァン 1999
1999年The Chieftains公演ゲスト出演
1999年さとがえるコンサート1999
2000年RESPECT! ゲスト出演
2000年ジァンジァン 2000
2000年出前コンサート 2000
2000年矢野顕子リサイタル 2000
2000年Beautiful Songs
2000年さとがえるコンサート2000
2000年Kenji Shock
2001年米国ツアー 2001
2001年The Chieftains公演ゲスト出演
2001年出前コンサート 2001
2001年矢野顕子リサイタル 2001
2001年Kenji Shock in チキンジョージ
2001年ヤノ・ラボ 2001
2001年さとがえるコンサート2001
2002年Beautiful Songs 2002
2002年AKIKO's PIANO MONTHLY
2002年FUJIROCK FESTIVAL '02
2002年GTF MUSIC PARTY
2002年ヤノ・ラボ 2002
2002年矢野顕子リサイタル 2002
2002年出前コンサート 2002
2002年Mt. Fuji Jazz Festival 2002
2002年RISING SUN ROCK FESTIVAL
2002年ロンドン公演
2002年さとがえるコンサート 2002
2003年AKIKO's PIANO MONTHLY 2003
2003年Jive the Keys
2003年情熱大陸 SPECIAL LIVE
2003年出前コンサート 2003
2003年矢野顕子リサイタル 2003
2003年2003 日本海夕日コンサート
2003年矢野顕子グループ at Blue Note Tokyo
2003年love crescendo vol.1
2003年さとがえるコンサート 2003
2004年Performances in NYC, Joe's Pub
2004年コスモ アースコンシャス アクト アースデー・コンサート
2004年The Akiko Yano Trio at Joe's Pub
2004年Janis Siegel & Friends with Special Guests, Phoebe Snow & Akiko Yano
2004年The Akiko Yano Trio at Joe's Pub
2004年矢野顕子グループ at Blue Note Tokyo
2004年矢野顕子 & オーケストラ・アンサンブル金沢
2004年サウンド・ルネッサンス 2004 & 矢野顕子リサイタル
2004年Act Against AIDS 2004
2004年みやこ音楽祭
2004年さとがえるコンサート 2004
2004年liquid surprise extra(クラムボンと競演
2005年メナード青山リゾート ミュージック フェスティバル ファンタジーリゾートショー
2005年矢野顕子リサイタル 2005
2005年矢野顕子グループ at Blue Note Tokyo & チキンジョージ
2005年愛・地球博 スペシャル・コンサート
2005年出前コンサート 2005
2005年さとがえるコンサート 2005
2005年みやこ音楽祭
2006年矢野顕子リサイタル 2006
2006年「新 ナニワ・サリバン・ショー」
2006年FUJI ROCK FESTIVAL '06
2006年Ryoko Moriyama 40th Anniversary Special Concert
2006年矢野顕子リサイタル 2006 夏
2006年ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006
2006年RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO
2006年吉野金次の復帰を願う緊急コンサート
2006年さとがえるコンサート 2006
2006年みやこ音楽祭
2006年SPACE SHOWER TV Jammin' ~The Piano Session~ 矢野顕子×上原ひろみ
2007年Performances in NYC, Joe's Pub
2007年中也生誕百年祭2007記念事業 「サーカス小屋でコンサート」
2007年出前コンサート 2007
2007年カルロス・ヌニェス「ゲド戦記」を奏でる
2007年矢野顕子リサイタル 2007
2007年ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2007
2007年サマーソニック・ゼロセブン
2007年矢野顕子グループ at Blue Note Tokyo
2007年yanokami LIQUIDROOM公演
2007年みやこ音楽祭(yanokami
2007年矢野顕子リサイタル 2007 12月(山梨ワインコンサート & 日立スターライト・イルミネーション
2007年さとがえるコンサート 2007
2008年Live at Japan Society, New York
2008年yanokami in MOSAIC Music Festival, Singapore
2008年an evening with 矢野顕子 ~春をめでる~
2008年矢野顕子リサイタル 2008
2008年赤坂サカス 森山良子スペシャルライブ
2008年AKIKO YANO & MARC RIBOT Blue Note Tokyo
2008年矢野顕子リサイタル 2008夏
2008年RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO
2008年yanokami_live08
2008年森山良子ミュージックスペシャル
2008年矢野顕子リサイタル 2008 12月
2008年さとがえるコンサート 2008『akiko』
2008年フェスティバルホール フェアウェルコンサート
2008年第九ひろしま 2008
2009年矢野顕子リサイタル BREEZE 3Days with GUEST
2009年あがた森魚とZIPANG BOYZ號の一夜
2009年North Sea Jazz Festival(オランダ。上原ひろみさんとのデュオ
2009年AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER @ Blue Note Tokyo
2009年矢野顕子リサイタル 2009 夏
2009年SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009
2009年Tokyo Jazz Festival 2009(上原ひろみさんとのデュオ
2009年京都音楽博覧会 2009 IN 梅小路公園
2009年AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER @ Joe's Pub, New York
2009年AKIKO YANO with Marc Ribot @ (Le) Poisson Rouge, New York
2009年矢野顕子リサイタル 2009 冬
2009年出前コンサート 2009
2009年さとがえるコンサート 2009
2010年矢野顕子リサイタル 2010
2010年矢野顕子2010「ここが音楽堂!」弾き語りツアー
2010年Springfields '10 大阪場所
2010年出前コンサート 2010
2010年やもり(森山良子と矢野顕子)ツアー2010 ~あなたと歌おう~
2010年SETSTOCK'10(yanokami
2010年THE BOOM「Special Best Live Tour 2010 BOOMANIA」ゲスト出演
2010年RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO(yanokami
2010年AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER @ Blue Note Tokyo
2010年Sky Jamboree 2010~愛~ (細美武士氏と共演
2010年Symphonic Entertainment Vol.2
2010年出前コンサート at Madison, WI, USA
2010年マディソン-帯広姉妹都市文化イベント ゲスト出演
2010年さとがえるコンサート 2010
2010年WWW presents "yanokami / 七尾旅人"
2010年矢野顕子リサイタル 2010 冬
2010年Akiko Yano w/ Marc Ribot, Jennifer Condos and Jay Bellerose at Le Poisson Rouge (New York)
2011年JCCC 基金チャリティコンサート 矢野顕子、Skoop On Somebody(シカゴ
2011年矢野顕子、Skoop On Somebody コンサート(トロント
2011年KOBE Sound Falling "A WEEK"
2011年矢野顕子 -ソロ- @ COTTON CLUB
2011年祝!細野晴臣「HoSoNoVa」コンサート
2011年忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love & Peace
2011年ムーンライダーズ、デビュー35周年記念 火の玉ボーイ コンサート ゲスト出演
2011年Let's Help Rebuild Japan(Will Leeによる東日本大震災復興支援コンサートに出演
2011年Akiko Yano Solo - Revealing Her Magic(ニューヨークのジャパン・ソサイエティでトークと公演
2011年ROCK IN JAPAN FES. 2011yanokami → 矢野さん単独出演
2011年矢野顕子 LIVE@狛江エコルマホール
2011年Date fm 夕涼みコンサート
2011年SUMMER SONIC 2011yanokami → 矢野さん単独出演
2011年AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER @ Blue Note Tokyo
2011年ARABAKI ROCK FEST.11yanokami → 矢野さん単独出演
2011年藝祭2011特別企画「地下やの屋」、「夜やの屋」
2011年矢野顕子×上原ひろみ Recording LIVE IN TOKYO ~Get Together~
2011年矢野顕子リサイタル2011
2011年チャットモンチーの求愛ツアー(ゲスト出演
2011年木村カエラ「オンナク祭」(ゲスト出演
2011年矢野顕子×上原ひろみ 今年は2人でさとがえるツアー ~Get Together~
2012年忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love & Peace 2012年5月2日
2012年TOKYO M.A.P.S AKIKO YANO EDITIONオーガナイザー
2012年CIRCLE '12
2012年100%ユザーン vol.3(yanokami
2012年RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO(矢野顕子×上原ひろみ
2012年AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER
2012年やもりツアー2012 ~やもりやもり~
2012年Akiko Yano Trio Live in New York City 2012
2012年The Chieftains来日公演ゲスト出演
2012年矢野顕子さとがえるコンサート2012 -清水ミチコとともに-
2012年気仙沼においでよ。矢野顕子の音楽の稽古場
2012年矢野顕子リサイタル2012
2012年ならピ♪ Nara Piano Friends
2013年矢野顕子、忌野清志郎を歌うツアー2013
2013年ARABAKI ROCK FEST.13(yanokami
2013年CIRCLE '13
2012年AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER
2013年ワールドハピネス2013
2013年矢野顕子リサイタル2013
2013年yanokami indoor festival
2013年MATOKKU Live ー ヤノさん、マトック園であそぶ ー
2013年ザ・ピアノ・エラ 2013
2013年矢野顕子さとがえるコンサート2013
2014年Akiko Yano Trio featuring Will Lee and Chris Parker @ Joe's Pub NYC
2014年矢野顕子プレミアムライヴ
2014年飛ばしていくよツアー 2014
2014年TOKYU MUSIC LIVE 2014 矢野顕子プロデュース/ポップスのおいしい作り方
2014年AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER
2014年サマーソニック 2014
2014年矢野顕子 アンコール LIVE
2014年The Shamisen Sessions, Vol. 1 Hiromitsu Agatsuma + Akiko Yano at Japan Society, New York
2014年矢野顕子さとがえるコンサート2014
2014年矢野顕子リサイタル2014
2014年第5回いづみまつり 矢野顕子 出前コンサート2014
2015年Akiko Yano Trio featuring Will Lee and Chris Parker @ Joe's Pub NYC
2015年「飛ばしていくよ」ピアノ弾き語り レコーディング・ライブ
2015年『ひとりで飛ばすよ、どこまでも。』ツアー 2015
2015年矢野顕子&上妻宏光/二重奏
2015年J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015
2015年AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER
2015年松本 隆 作詞活動45周年記念オフィシャル・プロジェクト 風街レジェンド2015
2015年SAPPORO CITY JAZZ North JAM Session(矢野顕子トリオ
2015年矢野顕子 ピアノ弾き語り LIVE 2015@町田市民ホール
2015年矢野顕子リサイタル2015 in 三条
2015年矢野顕子リサイタル 2015 ~ピアノ弾き語り~
2015年さとがえるコンサート2015 矢野顕子+TIN PAN Part II
2015年アッコちゃんの“ねえねえ、これ聴いてみて”
2016年Akiko Yano Trio featuring Will Lee and Chris Parker @ Joe's Pub NYC
2016年矢野顕子 40th Anniversary 第1弾“ふたりでジャンボリー”
2016年代官山サロン「アッコちゃんの“ねぇねぇ、これ聴いてみて”」
2016年矢野顕子リサイタル 2016 ~ピアノ弾き語り~
2016年JapanDay @CENTRAL PARK2016
2016年青森県立美術館 10周年《夏の祝祭》 矢野顕子×伊藤ゴロー スペシャルライブ in アレコホール
2016年AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER
2016年WORLD HAPPINESS 2016 夢の島 THE LAST
2016年矢野顕子 ふたりでジャンボリー ~ 糸井が書いて矢野が歌う1101曲(の予定)~
2016年「アッコちゃんの“ねえねえ、これ聴いてみて”」Vol.3
2016年小坂忠 Debut 50th Anniversary ~Let the GOOD TIME's ROLL~
2016年いぬねこなかまフェス 2016 ~動物愛護週間に集まろう~
2016年矢野顕子×上原ひろみ Recording Live in Tokyo ~ラーメンな女たち~
2016年京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園
2016年J-WAVE SPECIAL LIVE 矢野顕子 40th Anniversary ふたりでジャンボリー ゲスト:YUKI
2016年KYOTO NIPPON FESTIVAL~Autumn Leaves 2016~矢野顕子 ふたりでジャンボリー ゲスト:上妻宏光
2016年矢野顕子40th Anniversary「さとがえるコンサート2016」
2016年矢野顕子リサイタル 2016 冬
2016年矢野顕子×上妻宏光 二重奏
2017年矢野顕子×上原ひろみ TOUR 2017「ラーメンな女たち」
2017年矢野顕子×上原ひろみ 「ARABAKI ROCK FEST.17」
2017年赤塚不二夫生誕80年企画 バカボン&もーれつア太郎50周年記念 バカ田大学祭ライブ
2017年Akiko Yano Trio featuring Will Lee and Chris Parker @ Joe's Pub NYC
2017年AKIKO YANO TRIO featuring WILL LEE & CHRIS PARKER
2017年The Chieftains "Forever Tour"ゲスト出演

ページ先頭へ ページ最後へ


ホームページへ戻る

メールはこちらへ