LOVE LIFE


1991年10月25日発売
SONY MUSIC ENTERTAINMENT ESCB-1255
Produced by 矢野顕子


buttonBAKABON

いきなり『これでいいのだ』と意表を突く出だし。そう、タイトルは天才バカボンのことなのだ。これは名曲なのだ。

ページ先頭へ ページ最後へ

button釣りに行こう [WHY DON'T WE GO FISHING]

宮沢和史氏は、矢野さんの釣りの師匠でもあるそうです。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonTHE LETTER

オリジナルは'67年に全米チャート一位になったThe Box Topsのデビュー曲。Joe Cockerをはじめ、多くのミュージシャンがカバーしています。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonANGLER'S SUMMER

今度は矢野さん自身の手による釣りの歌です。宮沢氏との「釣りに対する想い」の違いが伺えるかな。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonスナオになりたい。 [I WANT TO BE SUNAO]

落ち着いた曲調のスナオな曲です。

ページ先頭へ ページ最後へ

button湖のふもとでねこと暮らしている [DOWN BY THE LAKE, LIVING WITH MY CAT]

このタイトルは、RCサクセションに対するアンサーソングでしょうか? 因みに『湖のふもと』という表現は、『ほとり』という日本語を思い出せなかっただけで他意は無いそうです。いい曲ですね。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonSAYONARA - CHEROKEE

エキゾチックな曲調のメドレーです。"SAYONARA"は細野さんもカバーしてます。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonいいこ いいこ [GOOD GIRL]

糸井氏の巧さが光る、優しい曲です。Pat Metheny氏のギターと宮沢和史氏のコーラスというシンプルなアレンジもいい感じです。

ページ先頭へ ページ最後へ

button愛はたくさん [LOTS OF LOVE]

リラックスした雰囲気の曲です。いい詞ですね。香川県の蒲鉾屋さん、福弥蒲鉾のCMソングに使われました。元々は、森山良子さんに提供された曲だそうです。

ページ先頭へ ページ最後へ

buttonLOVE LIFE

ラストにふさわしい、美しいバラードです。

ページ先頭へ ページ最後へ


button収録曲一覧

  1. BAKABON
  2. 釣りに行こう [WHY DON'T WE GO FISHING]
  3. THE LETTER
  4. ANGLER'S SUMMER
  5. スナオになりたい。 [I WANT TO BE SUNAO]
  6. 湖のふもとでねこと暮らしている [DOWN BY THE LAKE, LIVING WITH MY CAT]
  7. SAYONARA - CHEROKEE
  8. いいこ いいこ [GOOD GIRL]
  9. 愛はたくさん [LOTS OF LOVE]
  10. LOVE LIFE

ページ先頭へ ページ最後へ


ALBUMへ戻る ホームページへ戻る WELCOME BACK SUPER FOLK SONG

メールはこちらへ